マインドフルネスの効果

瞑想にはダイエット効果がある?理由とやり方をご紹介!

投稿日:

マインドフルネスという言葉とともに瞑想を耳にする機会も多く、チャレンジした方も多いのではないでしょうか?

スティーブ・ジョブズが「禅」と出会い、瞑想の素晴らしさを語ったことから話題となりました。

聞いたことはあるけれど、果たしてどんな効果があるのか気になるのが「瞑想」

そこで今回は「ダイエット」にフォーカスして、効果・理由と瞑想のやり方についてご説明します。

今後の参考になさってください。

瞑想って必要?

「そもそも瞑想が日々の生活に必要なの?」

ということで引っかかる方も多いでしょう。

忙しい現代社会を生きる私たちは、本来の能力を使うことなく日々に忙殺。

本当に大切なものに意識を向けること、集中力を奪われることが多くなっています。

また叶えたい目標や夢があっても、ネガティブな思考のために諦めることもあります。

そこで瞑想の出番。

本来のあなたが持っている可能性や、あなたの体が持っている機能を目覚めせてくれるが「瞑想」なのです。

本来持つ機能を目覚めさせることができる「瞑想」を「ダイエット」に応用する方法があります。

なぜ太る?

運動不足で太ることもありますが、精神的なことや生活習慣もその原因。

ご自分の心と向き合うことで解消されることが多くあります。

 

①ストレスによる過食

太る原因の一つとして「ストレスによる過食」があげられます。

淋しさ・怒り・不安の感情がある場合は空腹・味覚・満腹の感覚が低下。

食事をすると幸せホルモンの「セロトニン」が分泌します。

そのネガティブな感情を埋め合わせるため過食となり、太る原因に。

心のケアを行うことがダイエットには大切と言えます。

 

②ながら食べによる肥満

仕事が終わらない不安から、パソコンを操作しながらおにぎりをかじることもあるのでは?

「ながら食べ」は食事から満足感が得られないため、過食や甘いものへの食欲が増します。

食べることに幸福感を感じられず、虚無感へとつながり過食へ。

負のスパイラルにはまることもあるので、時間の管理もダイエットには大切です。

食べることだけに集中する時間をとり、栄養バランスにも目を向ける必要があります。

 

③ストレスによる便秘

ストレスを感じることで、寝つきが悪く寝不足になることも多くあります。

睡眠不足となると血流が悪く、免疫力も下がり臓器の機能が低下します。

そのため腸の機能も低下していまい、便秘になりやすく「痩せにくい体」へ。

ストレス解消を普段から心がけることが、体質をも作り上げていきます。

瞑想をするとダイエットになる理由

上記で太る原因を記載しましたが、瞑想によって解決する方法をそれぞれお伝えします。

 

①自律神経が安定

ネガティブなことを感じている時には、呼吸が乱れていることが多くあります。

瞑想を行う際は腹式呼吸を用いて、ゆっくりと呼吸に集中。

そのゆっくりとした腹式呼吸で副交感神経が優位となりリラックスできます。

リラックスができ自律神経が整うと、満腹中枢が機能し「満腹」をしっかり感知。

必要以上に食べることがなくなり、過食が解決すると言えます。

 

②集中力・注意力の向上

瞑想をすることで「今、ここ」に意図的に意識を集中させます。

湧き上がる雑念を取り払うことができ、今持つべき思考だけをしっかりと選択。

集中力が増して仕事に没頭でき、多くの達成感を味わえるようになります。

また集中力がアップするため、注意力も向上しケアレスミスも減少傾向に。

仕事全体のパフォーマンスが上がるため、時間の管理もしやすくなります。

 

③睡眠不足の解消

寝る前に大切なのは「頭寒足熱」と言って、頭はクールに足元あたたかくが大切。

ストレスを感じているとどんなに体が疲れていても、寝る体制にはなりません。

瞑想することでしっかりとそのストレスをしっかりと解消。

湧き上がる雑念を手放して、思考をリセットすることでリラックスしてきます。

深い腹式呼吸で血行もよくなり免疫力もアップします。

しっかりと体を休めることにより、臓器の機能も回復するので便秘も解消。

睡眠の質もよくなり代謝も上がるので、「痩せやすい体」へと変化します。

瞑想のやり方

1人なれる静かな環境を整えます。

締め付けないゆったりした服装を選び、リラックスできる音楽をかけましょう

アロマを焚いたり、アロマキャンドルなど用意するのもおすすめです。

 

①椅子に座り、背筋を伸ばします。

②目を軽く閉じる、あるいは半眼で斜め下をぼんやり見ます。

③鼻から大きく吸って、お腹の膨らみを感じましょう。

④鼻から空気を吐ききって、お腹の凹みを感じましょう。

⑤雑念が湧き上がったら、川に流すようなイメージで手放します。

⑥③から⑤を繰り返し、心が落ち着いたら意識を戻すように目を開けましょう。

 

瞑想は静かな場所さえあればいつでもできます。

1回15分から20分が理想的ですが、最初は3分くらいから始めて、徐々に長くしていきましょう。

鼻で行う腹式呼吸が難しい場合は、吐く時だけ鼻で行っても構いません。

ご自分のペースを考慮し、ストレスを感じないところから始めましょう。

食事の際に瞑想を取り入れる「マインドフルネスイーティング」もダイエットには効果的です。

こちらの記事も参考になさってください。
↓↓↓↓↓

マインドフルネスイーティングのやり方と効果をご紹介!

まとめ

今回は瞑想とダイエット効果の関係性、理由とその方法をご紹介しました。

毎日の隙間時間を有効に使うことで、瞑想は簡単にできます。

日々の習慣に取り入れて、美しいスタイルと健康な体をキープしましょう。

-マインドフルネスの効果

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.