マインドフルネスのやり方

マインドフルネス瞑想でデトックス!やり方と効果をご紹介!

投稿日:

近年、多くのアスリートや企業が取り入れる「マインドフルネス」に注目が集まっています。

「自分に起こっているこの瞬間を、意識的に観察しありのままを感じること。

評価や批判を気にせず、また判断などをすることもなく、その状況や状態をしっかりと認識し受け止めること。」

これを目指すプロセスが手法として瞑想を取り入れる「マインドフルネス瞑想」と呼ばれます。

「NHKのためしてガッテン」や、「世界一受けたい授業」などのテレビ番組で取りあげられたことも記憶に新しいですね。

これまでマインドフルネス瞑想によって期待される効果が様々あることはたくさんの実践者や研究機関によって発表されてきました。

そんな中で、「デトックス効果がある」という説が挙げられています。

今回は、その効果とやり方についてご紹介していきたいと思います。

マインドフルネス瞑想はデトックス効果がある?

デトックスとは、体内に溜まった有害な毒物を排出させるという意味を持ちます。

では、マインドフルネス瞑想によるデトックスが具体的に何を指すのか、以下のものが挙げられます。

「脳を休めて思考をクリア」
マインドフルネス瞑想は、過去の経験や周りの目、当たり前にある己の価値観にとらわれない新たな感覚を養う効果があります。

邪念・雑念・価値観という有害なものをデトックス(排出)することで、思考がクリアになり物事の本質をとらえられるようになります。

また邪念や価値観にとらわれないその思考は、新たなものを創造する力となり、様々な能力を発揮しやすくなります。

「ストレスをクリア」
瞑想や呼吸法を取り入れることで、より心身ともにリラックス状態となります。

副交感神経が優位となり、ストレスが軽減されることで免疫力が高まります。

さらに、交感神経と副交感神経のバランスが保たれ、身体の緊張も緩和されることでより質の良い睡眠を取ることが可能となります。

心を疲弊させるストレスを軽減することで、物事をプラス捉える前向きな思考が養われ、小さな幸福感に気づけるようになります。

「身体もクリア」
マインドフルネス瞑想によるデトックスは、心身共に効果がありダイエット中の方にもおススメです。

まず肥満になる原因の一つに「怒りや寂しさ」によるやけ食いや過食が挙げられますが、マインドフルネスによってこのストレスを軽減し前向きな気持ちになれれば、やけ食いや過食を避けられますね。

ストレスの軽減、ホルモンバランスの調整、呼吸法による代謝アップと適度な運動など、マインドフルネス瞑想がもたらす効果は、ダイエットに最適だと言えます。

瞑想を継続していくと、感覚がより研ぎ澄まされ鋭くなっていきます。

また「この食事が適切かどうか、間食が必要であるか、その結果どのようになり、それをカバーするためには何が必要なのか」など本質と対策をしっかりと認識するようになっていきます。

マインドフルネス瞑想がダイエットに効果があるとされるのは納得がいきますね。

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネス瞑想をするにあたり重要なポイントは「環境」「呼吸法」となります。

①まずは「環境」ですが、よりリラックスできる場所を選びましょう。

照明は明るすぎず、暗すぎず、適度な気温を保っている場所、かつ静かな時間が流れる環境が適切かと思います。

次に、リラックスできる背もたれのある椅子に、骨盤を起こして安定させ背筋をのばし座ります。

肩や顔などの力を抜き、頭の上から糸で軽く引っ張られているような感覚で姿勢を整えます。

手は膝の上にかるく置き、目は軽く閉じるか、または半眼で少し俯き斜め前方をぼんやりとみるか、どこか1点を見つめるようにします。

そして呼吸に集中し、5分から20分程を目安としマインドフルネス瞑想に入ります。

瞑想をしている間は、「おだやかに、ゆるやかに」自分を自由に解放します。

途中でほとんどの人に雑念が沸きます。

日々の悩みや、不安なことがよぎることもあるでしょう。

その際は、「ダメだ!無になろう」などと意識するのではなく、「雑念が沸いているな、否定的な気分になっているな」と受け止め、感じるだけにしましょう。

それが良い悪い、どうしていこうなどの判断をする必要はありません。

川のようにスーっと雑念を流すことが重要です。

万が一背もたれのある椅子がない場合は、床に座って足を組んだり、仰向けになったりする方法も可能です。

リラックス状態で呼吸法に集中できれば問題ありません。

②そして次に「呼吸法」です。

決まったルールはありませんが、ここではアメリカのアンドリュー・ウェイル教授によって考えられた方法をご紹介します。

4つ数えながら鼻呼吸でゆっくりと吸い込みます。

7つ数えながら息をとめ、そのあと8つ数えながら口から息を吐きます。

呼吸法を行う際は、吸うときは入ってくる空気に集中しお腹のふくらみを感じると共に「ふくらむ、ふくらむ」と口の中で唱えてみましょう。

さらに吐くときは「縮み、縮み」と唱えましょう。

呼吸に集中し、思考を受け流す瞑想を初めは5分程度から開始し、徐々に時間を伸ばしていきます。

タイマーなどを利用してもいいですね。

1日15分から30分程度の瞑想を習慣化していければ、マインドフルネス瞑想による効果を感じていけるのではないでしょうか。

まとめ

マインドフルネス瞑想によるデトックス効果は、心身共に可能性があげられます。

心のリフレッシュ、頭のリフレッシュ、そして身体のリフレッシュですね。

中でも目に見えて変化を感じやすいのは、やはりダイエット(身体のリフレッシュ)ではないでしょうか。

関連書籍やアプリなども多く出ているので、ぜひ取り入れてみてください。

-マインドフルネスのやり方

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.