書籍・CD/DVD

楽天で買えるマインドフルネスの本のおすすめは?

投稿日:

「マインドフルネスを仕事の場で生かしていきたい」、「マインドフルネスで日ごろのストレスを解消していきたい」。

このように「マインドフルネス」について勉強を始めていきたい方が、最近少しずつ増えてきています。

しかし、勉強のためには教材や情報源が必要。

その教材や情報源について、なにを使用すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこでマインドフルネスの勉強のためには、情報量、見やすさ、再確認のしやすさから書籍を使っていくのをおすすめします。

書籍は情報の正確さや量が優れている他、今は楽天などで簡単に注文できるようになっており、教材としてとても利用しやすいのです。。

今回は、そんな楽天で注文できる「マインドフルネス」についてのおすすめの本をご紹介してきます。

マインドフルネスとは?

「マインドフルネス」は仏教の瞑想が始まりで、瞑想の境地である「心の雑念をすべて払い、今の自分の呼吸のみに集中している」状態のことを指します。

現在、この仏教における瞑想効果の科学的分析が進み、企業研修での集中力、想像力向上プログラムに組み込んだり、心の病に対しての心理療法に応用したりしているのです。

このマインドフルネスの状態になることで、頭の疲労、ストレス回復、集中力の向上などにとても高い効果が出ることが研究によって明らかになっています。

また、この状態を継続することによって、中高年でも脳みそ自体の構造変化、成長がみられており、脳科学の分野でも今注目を集めています。

なぜマインドフルネスは効果的であるのか

普段、人間は自分が意識していなくても脳みそをフル回転させており、常に頭の中でなにかを考えたり、なにかついて評価、取捨選択を行ったりしています。

それが頭の疲れとして少しずつたまっていくのです。

たとえば、ぼんやりと晩御飯の献立について推理してみたり、スマホのサイト巡りでどのサイト、記事を読もうか考えたり、なにか匂いがしたとき「良い」匂いか「いやな」匂いかを判断したりなどの、小さな思考の積み重ねが疲労やストレスとして蓄積していきます。

そういったものを「雑念」としてくくり、その雑念を一時的に頭の外に追いやって「自分の呼吸にのみ意識を向ける」ようにします。

そうして本当に余計なことを考えないようにすることで、脳疲労の回復を行っていくのです。

こうすることで実際に脳のストレスを感じる機能が抑えられたり、学習機能を司る部分が増幅をしたりなど、脳科学的にも目に見える効果が実証されています。

そしてこの脳のマインドフルネスによるストレス軽減効果は、うつ病などの精神疾患にも効果が期待されており、現在医学の分野でも毎日研究が行われています。

今やマインドフルネスは、人間社会のさらなる進化の最先端にいるのです。

楽天で人気のマインドフルネス本は?

ここまでの記事を読んだ方の中には、「マインドフルネスについてもっと勉強したい」、「具体的な実施方法をもっと知りたい」と、よりその想いが大きくなった方もおられるでしょう。

マインドフルネスについての知識を得たい方は、楽天などでマインドフルネスについて書かれた本を読んでみるのが非常に効果的です。

なぜなら、本は出版する過程で内容の事実確認、論理展開についての精査が行われており、情報の正確性、把握のしやすさに信頼性があって教材として申し分ないからです。

また、マインドフルネスの書籍は、その分野に長年精通してきた方、現在も講師として活躍されている方、医学、脳科学者として研究されてきた方など、非常に内容に精通している人物によって書かれています。

そんな方がよりわかりやすく詳細にマインドフルネスを語っているので、とても有益な情報源となっているのです。

さらに今の時代では、書籍は楽天などでネットにて簡単な本の詳細・書評の確認、注文ができるようになり、とても身近な存在となりました。

よって勉強のためには書籍を利用することは、さまざまな面から非常におすすめなのです。

そこで以下より、今楽天で手に入るおすすめのマインドフルネスについての本をご紹介していきます。

1. サーチ・インサイド・ユアセルフ 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践方法(チャディー・メン・タン 著)

現在、ビジネスの場でのマインドフルネス導入の火付け役にもなった、Google独自のマインドフルネス研修プログラムSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)。

そのSIYの開発者であるチャディー・メン・タン氏がこの本にてプログラム、そしてマインドフルネスについて解説を行っています。

Googleの社員の間で絶大な支持を受け、いまやapple、ヤフー、インテルなど世界のビジネスのスタンダードとなりつつあるマインドフルネス。

その効果の理論、瞑想の実施例をしっかりと知ることができます。

日本のビジネスパーソンを中心に、是非おすすめしたい一冊となります。

楽天で見る

2. 「キラーストレス」から心と体を守る! マインドフルネス&コーピング実践CDブック(熊野宏昭 著)

NHKにて放映されたスペシャル番組「キラーストレス」の放送内容をベースとし、私たちの抱えるストレスの予防改善を解説したワークブック。

著者である熊野宏昭氏は、NHKの他番組である「サイエンスZERO」や「まる得マガジン」でのマインドフルネス特集でも解説をされたエキスパートです。

キラーストレスとは、心臓病、脳卒中、ガン、うつ病などストレスによって人間の健康を蝕み、時には死に追いやるほどのストレスを、NHKが独自に呼んでいるものです。

この本では、そのキラーストレスというキーワードを中心に、ストレスについての基礎知識、ストレスの悪循環から抜け出すための「コーピング」、心の整理術である「マインドフルネス」などが解説されています。

楽天で見る

3. 心がスッキリ片づく習慣 1日3分聴くだけ!(吉田昌生 著)

現在も日本の第一線でマインドフルネスの講師、指導者として活躍している吉田昌夫氏によるやさしいマインドフルネスの解説本です。

マインドフルネスの基礎知識、マインドフルネス状態になるための瞑想の実施方、より効果を高める方法などが解説されています。

特筆すべきは読みやすさ。

全100ページほどの短さに加え、イラストなどで姿勢などの説明が分かりやすく説明されており、さらに二色刷りの色合いによって非常に読みやすくなっています。

マインドフルネスに取り掛かるための最初の一冊としておすすめします。

楽天で見る

4. 図解 マインドフルネス瞑想がよくわかる本(有光興記 著)

本のタイトルの通り、豊富なイラストやチャートによって、初心者でも非常にわかりやすくなっているマインドフルネスの解説本です。

瞑想の実施もチャートに沿って行えるため、実際に取り掛かるときにもスムーズに行うことができます。

さらに基本の瞑想から食べる瞑想、歩く瞑想、慈悲の瞑想など多くの瞑想法や、瞑想がうまくいかないときの対処法についても勉強できます。

図やイラストの方が理解しやすいといった方におすすめです。

楽天で見る

まとめ

マインドフルネスについて勉強したいのであれば、本はとても有効的です。

楽天で簡単に本が購入できる時代に、これら書籍を利用しない手はありません。

もちろん、今回ご紹介した本以外にもたくさんのマインドフルネスの本が楽天にて販売されているので、興味のある方は早速購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

また当サイトの別記事でも、多彩なマインドフルネスについての解説記事が掲載されているので、そちらも是非読んでみてくださいね。

-書籍・CD/DVD

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.