マインドフルネスの効果

瞑想で願望実現する方法!メカニズムとやり方を解説!

投稿日:

マインドフルネスが注目されたことで、瞑想に興味を持つ方が増えています。

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチロー、マドンナなど多くの有名人著名人も実践。

人生を変えたという記事も多く、興味を持たれる人も多いことでしょう。

科学的にも効果があると証明されることも増えて、ネットでも多くのエビデンス見ることも可能です。

そこで今回は瞑想による願望実現する方法、そのメカニズムとやり方を解説します。

今後の参考になさってください。

瞑想とは?

人は1日に6万回思考を繰り返し、その75%がネガティブと言われています。

何もしなくても脳は勝手にネガティブな思考でありため、不安や心配は意識的に変える必要があると言えます。

また仕事などでマルチタスクを強いられて脳は常に疲れている状態。

瞑想を行うことで思考を一旦リセット、「無」に近い状態をつくります。

脳がしっかりと休むことができ、優先事項に集中し、本来の力を発揮しやすくなると言えます。

瞑想の効果

①ストレスの軽減

ストレスを感じている時は、交感神経が優位となり呼吸が浅く速くなっています。

瞑想を行うことでゆったりと深い複式呼吸をすることで副交感神経が優位に。

幸せホルモンである「セロトニン」が出ることで、心が穏やかになります。

また自律神経が整うことで、体内の機能を正常に保てるメリットも。

 

②集中力の向上

瞑想でストレスが軽減され、雑念をリセットして「無」の状態をつくりやすくなります。

不安や緊張が取り除かれるため、仕事に集中できることに。

セロトニンが出ることで心が穏やかになるため、目の前のことに没頭できます。

また集中力が途切れた時は、瞑想を行うことで復活することも可能です。

 

③注意力の向上

リラックスして仕事に集中できるため注意力がアップ。

集中力が増すことで、ケアレスミスに気づき、素早く解決策に気づけます。

仕事の質が上がるので、時間短縮しスピーディーに片付けられます。

 

④決断力の向上

瞑想によって不安や緊張が軽減されるため、迷いがなくなり決断力がアップします。

仕事に対しての集中力も向上するため、パフォーマンスの質もよくなると言えます。

 

⑤人間関係の向上

パフォーマンスの質もよくなるため、会社での信頼度が増します。

また注意力が向上するので、周りの人の変化にもよく気づけるように。

気持ちにも余裕がある待て、気配り・気遣いができるため友好な関係が気づけます。

 

⑥睡眠の質の向上

質のよい睡眠のためには「頭寒足熱」と言って、頭はクールに足元暖かくが基本です。

どんなに体が疲れていても、思考が止まらないと寝付けないことに。

眠気を感じるのは「メラトニン」の分泌し活性化することによって起こります。

メラトニンは幸せホルモンであるセロトニンを原料となるため、瞑想を行うことは有効的。

またセロトニンは「精神の安定」という役割もあり、日々呼吸に意識を向けることも大切です。

 

以上のような瞑想の効果で、心身ともに健康で仕事もはかどり人間関係も良好に。

よい縁やよい仕事にも恵まれ、周りからの協力も得られ、願望実現しやすくなると言えます。

瞑想で願望実現する?

「夢を叶えたい」「成功したい」とご自分の願望を実現するためには脳を整えることが大切です。

ストレスに侵されて、雑念で埋め尽くされた脳では、前向きな思考は難しいと言えます。

瞑想を行ない湧き上がる雑念をリセット、「無」に近い状態を作ることが大切。

思考の整理整頓と断捨離をすることで、夢や目標などの願望を実現しやすい「成功脳」へ。

思考こそがご自分の毎日を作り、その思考を潜在意識に落とし込むことで現実化します。

『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル (著)

大きな目標や夢を実現するためには、短期・中期・長期の目標をしっかり立てるということが大切。

叶うまで諦めないという強い心を育て鍛えることが必要となります。

その入り口として毎日の瞑想を行い、引き寄せの効果をうまく取り入れるとよいでしょう。

こちらの記事も参考になさってください。

↓↓↓↓↓
瞑想で引き寄せの法則の効果が高まる?理由とやり方をご紹介!

瞑想のやり方

1人になれる静かな環境を整えましょう。

体を締め付けないゆったりとして服装で、癒しの音楽などを用意しましょう。

瞑想時間を決めたらタイマーをセットしてスタート。

①椅子にゆったり座る、またはあぐらをかいて背筋を伸ばします。

②目を軽く閉じる、または半眼で斜め下をぼんやりと見ます。

③鼻で大きく3秒かけて息を吸い、お腹の膨らみを感じます。

④鼻で6秒かけて息を吐き、お腹の凹みを感じます。

⑤雑念が浮かんできたら、川に流すようなイメージします。

⑥タイマーが鳴ったら意識を戻すようにゆっくりと目を開けます。

瞑想は15分から20分間が理想ですが、最初は3分から始め徐々に長くするものよいでしょう。

腹式呼吸が難しいと感じる場合は、吐く息を口で行っても構いません。

まとめ

今回は瞑想による願望実現する方法、そのメカニズムとやり方を解説しました。

瞑想を行うことで、心を整え、体を健康にし、周りからの信頼を得られることで願望は実現すると言えます。

ご自分の魅力が増し、本来の力を発揮できるようになるでしょう。

理想の未来を手に入れるため、瞑想を毎日の習慣に取り入れることをおすすめします。

-マインドフルネスの効果

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.