書籍・CD/DVD

ケアする人も楽になるマインドフルネスとスキーマ療法の評価やレビューをご紹介!

投稿日:

非常に名著として名高い、「ケアする人も楽になるマインドフルネスとスキーマ療法」という本をご存知でしょうか?

数々の実績や本の出版経験を持つ伊藤絵美先生の著作であり、援助専門職の方だけでなくマインドフルネスや認知行動療法などに興味を持つ方であれば、是非おすすめしたい本となっています。

しかし、スキーマ療法と言う聞きなれない単語や、医学的側面が強そうな内容の印象から、まだ読まれていない方もおられると思います。

今回はそんな方向けに、「ケアする人も楽になるマインドフルネスとスキーマ療法」の内容や評判について解説していきます。

書籍「ケアする人も楽になるマインドフルネスとスキーマ療法」の内容

この本では仮想事例として、看護師であるマチコさんが感じる生きづらさが課題として挙げられており、その解決策としてマインドフルネスやスキーマ療法の解説を交えながら、一緒にカウンセリング体験し学んでいくという内容です。

Book1とBook2に別れており、それぞれマインドフルネスとスキーマ療法を中心に解説が載せられています。

※スキーマ療法とは、パーソナリティ障害やDSM-I軸の治療法として、既存の療法(認知行動療法やゲシュタルト療法など)の理論と技法を取り入れたもの。スキーマとは、思考と行動における組織化されたパターンのこと。過剰な先入観によるネガティブ思考などのこと。

仮想事例ではありますが、その科学的根拠や臨床体験などは、著者である伊藤絵美先生の実際の体験、確信、実感に基づいたものとなっており、非常に理論的かつわかりやすい内容となっています。

マインドフルネスに関しても、非常に具体的な利用方法、問題との向き合い方、根本的な解決方法などが掲示されており、レビューやブログでの本書の感想も「これが今まで読みたかった内容だ」という感想が多くあります。

著者である伊藤先生自身も、心理療法やストレスマネジメント、認知行動療法などについて数多くの論文や学会での発表を行っており、その事実が本書の内容にかなりの説得力を持たせています。

マインドフルネスについて興味のある方や、行動認知療法について知りたい方へもおすすめですが、実際に心理医療現場に携わっている方へもおすすめです。

この本を読んで、より学んできたことが鮮明になり、自分の知識になったという感想も多数ありました。

書籍「ケアする人も楽になるマインドフルネスとスキーマ療法」の評判

こちらは名著として名高いので、Amazonのレビューではかなり良い評判となっています。(Book1・Book2共に)

では、実際に主なレビューをご紹介していきます。

是非購入の際の参考にしてみて下さい。

・弁証法的行動療法(DBT)のワークと共通する部分があり、学んできたことがより鮮明になりました。

・私が今まで読みたかった本に出会えました。

・わかりやすい内容で、より知識が深まった。

・事例がとても具体的であり、患者だけでなくカウンセラーの立場での気持ちも分かるようになった。カウンセラーとしてどういった姿勢で患者と向き合うべきか非常に参考になります。

・かなり濃い内容でした。

まとめ

伊藤絵美先生の著書は、どれも非常に名著として評判高いですが、この「ケアする人も楽になるマインドフルネスとスキーマ療法」もかなり良いと評判です。

解説もかなりの基礎的なマインドフルネス、認知行動療法、スキーマ療法について、そしてより具体的な方法論が、マチコさんの事例と併せてわかりやすくなっており、より深い理解を得ることができるようになるでしょう。

新しい知識の習得だけではなく、持っている知識の深化にも繋がる内容ですので、マインドフルネスを始めとする数々の心理療法などを医学的に理解したいのであれば、是非おすすめの一冊となっています。

ネットではAmazonで販売されているので、是非ご利用ください。

Amazon

-書籍・CD/DVD

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.