マインドフルネスの効果

マインドフルネスは不安の解消に効果がある?やり方は?

投稿日:

マインドフルネスはパフォーマンスの向上や、リーダーシップを発揮できることからビジネス界では企業研修に取り入れられています。

目の前のことに集中することで、脳の疲れを抑えることことで心が整うことは仕事においても有効的。

でも、ビジネスだけでなく、もっと日常的に使いたいと思っている方多いのではないでしょうか?

今回はマインドフルネスな考え方、瞑想法、呼吸法を通して「不安解消」にフォーカス。

今後の参考になさってください。

マインドフルネスとは?

マインドフルネス「mindfulness」とは、今現在、自分の眼の前に起きていることに意識を向けることです。

この瞬間の状態に意識的に注目し、評価することや批判することなく、ただあるがままを受け止めます。

脳や心は常にいろんな感情や思考によって働き続け、休むことができません。

また忙しい現代人にとってはマルチタスクを抱えるため、脳の負担は大きいと言えます。

マインドフルネスを取り入れ、目の前の最優先事項にフォーカスすることで脳を休めることができます。

不安になる原因は以下のようなことがあげられます。

●過去の失敗・公開・批判にとらわれている。

●未来の不安・心配を感じている。

●人の目を気にしすぎている。

●自分の評価が低い。

●プレッシャーを感じやすい。

●責任感が強すぎる。

たくさんの感情や思考が常に心や頭の中にあり整理できないため不安になります。

また過去や未来に感情や思考が支配されていることも原因に。

不安になる方とは責任感が強く、真面目で、感受性が強い方が多いです。

だからこそマインドフルネスを使って、心も体もリラックスすることが大切と言えます。

マインドフルネスは不安の解消に効果がある?

過去や未来にとらわれることなく「今、ここ」に意識を向けることで、思考がシンプルになります。

マインドフルネスの瞑想や呼吸法を使い、習慣化することで湧き上がる雑念もリセット。

落ち着いて穏やかな気分を保つことができるので、不安を解消してくれます。

また不安は解消できるもの、手放せるものと実感することができるでしょう。

出産を控えた妊婦さんにもマインドフルネスは取り入れられています。

マタニティーブルーから解放し、心穏やかに出産のための心の準備ができるためです。

マインドフルネスのその他の効果

①ストレスに強くなる

現代はストレス社会と言われ、脳はいつもそのストレスを抱えています。

意識的にそのストレスの存在に気づくことが大切。

「今、そんな気持ちなんだ」と客観的に見ることで、解決法も見えてきます。

また呼吸が早く浅くなっているので、呼吸にも注目しゆっくりと腹式呼吸を行うことも大切。

習慣化することで心と体がリラックスする時間が長くなります。

②記憶力を高める

リラックスすることで記憶力を司る海馬の機能が高まります。

前頭葉をしっかり休ませることで、海馬への指示がスムーズに。

また瞑想を続けると、記憶する量も増えると言われています。

8週間の瞑想を体験した脳は、プログラムの実行前よりも海馬(hippocampus)の部分の灰白質(gray matter)密度が高まっていることがわかった。

脳のこの部分は記憶や自己意識、同情心、考察などの活動に関係しているといわれている。

8週間の瞑想で脳が“生まれ変わる”ことが判明! 海馬の劇的変化で記憶や自己認識も向上、ハーバードとマックス・プランクが断言!
BIGLOBEニュース

③集中力向上

ストレスが軽減されるリラックスできるため「今、ここ」を意識することができるようになります。

あるがままを受け入れれば感情がシンプルになり、目の前のことに集中できるようになります。

思考も整うので、注意力も増す効果も。

④生産性向上

集中力が上がることで、処理能力も当然アップし、生産性が向上することにもつながります。

またリラックスしている状態が保てるので、トラブルにも強くなると言えます。

⑤人間関係が良好に

常に心と体をリラックスな状態し、ニュートラルな状態を保てるので、不安も少なくなります。

相手の感情や言動の変化に早く気付けるので、人間関係もよりよく保て信頼されることにもなります。

マインドフルネスのやり方

マインドフルネス瞑想を行うときは明るすぎず、暗すぎず、静かでリラックスできる場所を確保します。

ご自分にあった椅子を用意し、癒される音楽をかけるのもよいでしょう。

①椅子にゆったりと腰かけ、姿勢を整えます。

②目を軽く閉じるか、あるいは、半眼で斜め前をぼんやりみます。

③鼻からゆっくりと吸ってお腹を膨らませ、鼻から吐いてお腹を凹ませます。

④途中で雑念が湧き上がっても、気にせず続けましょう。

⑤15分間続け、意識を戻すイメージをしながら、目をゆっくり開けます。

瞑想時間が長いと感じるようなら3分くらいから始め、徐々に伸ばしていきましょう。

鼻で呼吸する腹式呼吸が難しいと感じるようであれば、吐く方を口呼吸にしても構いません。

すべてご自分のペースでゆったりと行いましょう。

まとめ

今回はマインドフルネスを使った不安の解消についてお伝えしました。

不安を解消することでもっと自由に行動することができ、心が晴れやかになります。

ご自分のライフスタイルに合わせてマインドフルネスを取り入れ、豊かな毎日にしてくださいね。

-マインドフルネスの効果

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.