マインドフルネスのやり方

マインドフルネスの誘導瞑想のやり方!

投稿日:

健康ブームは依然として加熱しています。

肉体的な健康はもちろんのこと、現在では精神的な健康も注目を集めているのはご存知でしょうか?

特にマインドフルネスへの注目度は非常に高く、各方面からの関心も高いとされています。

ここからはマンドフルな状態に導く方法である、瞑想について解説していきます。

どうぞ最後までお付き合いください。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは、瞑想やその他の方法や訓練で、今この瞬間の感情を客観的に見つめている状態です。

そして心穏やかにおおらかに、優しい気持ちで集中している状態です。

マインドフルネスの意味は?

マインドフルネスを日本語で訳すと下記のようになります。

また英語直訳では
「自分自身の精神で満たされた状態」

日本訳での意味
「今ここに集中している心の在り方」
「今この瞬間の体験に、意図的に意識を向け、評価せずにとらわれない状態で、ただ観ること」です。

マインドフルネスの誘導瞑想のやり方

マインドフルな状態に導く方法として、最も一般的で実践している方が多い方法が瞑想です。

マインドフルネス瞑想と言われています。

マインドフルネス瞑想のやり方を紹介します。
・姿勢は背筋を伸ばし正します
・呼吸を整えます
・出来る限り無心で
・もし雑念や感情が湧いてきたら、客観的にそれらを見つめます。

上記のような状態で、最初は15分程度から始めるのが良いでしょう。

誘導瞑想とは

マインドフルネス瞑想でも誘導瞑想というものがございます。

初心者の方は瞑想状態になりにくく、雑念や感情が湧きやすい傾向にあります。

そんな方は誘導瞑想をお勧めします。

誘導瞑想は、瞑想時に音楽やナレーションを聴きながら行う瞑想です。

それ専用にCDも販売されているほど、誘導瞑想は認知されています。

誘導瞑想の方法で大切なことは呼吸法です。

音楽やナレーションを聴きながらの瞑想は、雑念や感情は湧きにくいので、呼吸に意識を集中することをお勧めします。

深く息をゆっくりと吸い込み、そしてゆっくりと吐いていきます。

大切なことは、吸い込む時よりも吐き出す時の方がゆっくりであることです。

どんな効果が期待できる?

ではどんな効果に期待できるでしょうか?

期待できる効果を紹介します。
・集中力アップ
・ストレスの軽減
・自律神経の回復
・洞察力、直感力の向上
・想像力、創造力の向上
・リーダーシップの向上
・ダイエット
・安眠
・うつ、不安、心配などの解消や軽減

などが挙げられます。

もちろん、得られる効果は人それぞれですし、必ず上記の効果に絞られる訳ではありません。

効果を得た状態を継続できるかが大切です。

それには、日常的に埋葬を繰り返すことをお勧めしますし、もし難しいようなら誘導瞑想を実践してください。

まとめ

いかがでしたか?

ここまで、マインドフルネスについて、マインドフルネス瞑想、誘導瞑想について紹介してきました。

マインドフルな状態になる事ができれば、方法は問いません。

しかしながら、最初は難しいと思いますので、誘導瞑想をお勧めしま。

どんな方法であれ、効果を得られた状態での、仕事やスポーツは、それ以前の結果よりも好転する事がわかっています。

またその結果や質の高い効果に関心を持った、大企業は社員教育や社員育成の現場にマインドフルネスを取り入れています。

そして大きな成果を挙げているのは容易に想像がつきますね。

もし、このマインドフルネスをライフスタイルに取り入れる事ができたなら、常に充実感・満足感・幸福感を噛み締めながら人生を送る事ができます。

凄く素敵ですね。

マインドフルな状態での人間関係も仕事は、良好な結果に支配され素晴らしい日々を送る事ができるでしょう。

是非、マインドフルネスをおためしください。

最後までお付き合い頂き、誠に有難うございました。

-マインドフルネスのやり方

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.