マインドフルネスのやり方

マインドフルネスは朝がおすすめ!やり方と効果をご紹介!

投稿日:

仕事もプライベートも忙しいからこそ、ストレス発散やリフレッシュ、集中力アップにマインドフルネスを取り入れる人が増えているようです。

時に朝にマインドフルネスを取り入れることで、1日をより有意義に過ごすことができるのでおすすめ。

今回はマインドフルネスを朝行うこと、そのやり方と効果をご紹介します。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスが話題を呼んでいるのは、好ましい結果を手に入れられることがその理由。

瞑想や呼吸法などを使って「今、ここ」に存在していることにフォーカスすることで、不安や心配などネガティブな思考や、取り払った方がよい雑念から解放することができます。

その瞑想や呼吸法をどこにいてもできるように習慣化すれば、いつでも心をリセットしニュートラルを保てます。

またニュートラルだからこそ、本当に力を発揮すべき方向へと自分を導くことが可能。

集中力がアップするので仕事の効率もアップします。

心をリセットし穏やかになれば睡眠の質が上がり、体調も整うので健康的にもなり便秘解消にも役立ちます。

マインドフルネスは朝がいい?

マインドフルネスを朝取り入れるメリットは、前日の疲れと雑念をリセットすることで、前向きに1日をスタートできるからです。

朝食も美味しく食べることもでき、リズムよく出かける準備もできます。

会社で不安や心配を抱えて迷いながら仕事に取り組むよりも、スッキリした頭で迎えた方が優先順位もすぐに決められスムーズに。

いつもより早く仕事が終われば、プライベートを充実されることもできます。

何より人に優しくなれるので、周りの人の協力やサポートも得られやすくなるメリットも。

朝のマインドフルネスのやり方

朝にマンドフルネス瞑想を取り入れるために、いつもより15分だけ早くおきましょう。

もしつらいと感じるなら5分でも構いません。ご自分の中で無理のない早起きして徐々に長くしていきましょう。

瞑想方法

1、まずは椅子にゆったりと座ります。

頭は上から糸で引っ張られているようなイメージでしっかりと伸ばし、肩は下から引っ張られているような状態を。腰は少し反るくらいをキープ。

手のひらは花が咲いているような形で膝の上に置きます。

2、目は完全に閉じている状態、もしくは、少し目を開け斜め前をぼんやり見る「半眼」にしましょう。

3、呼吸は鼻からゆっくりと3秒吸ってお腹に息がたくさん入るイメージをします。

そして鼻から6秒かけてゆっくりと吐き出し、お腹を凹ませていきます。

鼻で吐くのが難しい場合は口でも構いませんが、徐々に慣れていくよにするとよいでしょう。(腹式呼吸の方がより効果が高いため)

4、瞑想が終わったら静かにゆっくりと目を開けましょう。

瞑想に集中しやすくするために音楽を流すとよいでしょう。

毎回同じ音を流せば体が条件反応してくれるので導入が容易に成るでしょう。

また瞑想時間を決めたらタイマーをかけて時間管理を。

朝のマインドフルネスの効果

朝マインドフルネスを取り入れることで心を穏やかにしておくと、あなたの1日に大きな影響と変化をもたらせてくれます。

また腹式呼吸をすることで血流もよくなり冷え性を改善、脂肪燃焼しやすくなり便秘解消やダイエットにも効果あり。

肌の調子を整えることも含め、体調を整える効果もあり、心と体がベストな状態を朝の瞑想でつくれます。

まとめ

今回はマインドフルネスが朝におすすめな理由、そのやり方と効果についてお伝えしました。

毎朝行うことで1日のスタートをスッキリした気分で迎えられるので習慣にすることをおすすめします。

また夜寝る前にもマインドフルネス瞑想を行うことで、睡眠の質もよくなるので疲れが取れやすくなります。

心と体に少しずつ変化があわられてくるので、きっと楽しくできると思います。

ご自分にあった時間と方法で、毎日をさらに素晴らしく充実したものにしてくださいね。

-マインドフルネスのやり方

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.