マインドフルネスのやり方

世界一受けたい授業で紹介されたマインドフルネスとは?

投稿日:

2016年10月22日に「世界一受けたい授業」で「マインドフルネス」の方法が紹介されました。最近マインドフルネスは、今話題になっているので興味を持った人が多かったと思います。

世界一受けたい授業で紹介されたマインドフルネスとはどのようなものなのかその方法などを調べて行きます。

世界一受けたい授業で紹介されたマインドフルネスとは?

脳は常に働いています。過去の出来事を後悔しすぎたり、未来への不安を悩んだり、やらなければならない事を考え過ぎると脳は疲労してしまいます。

ストレスが蓄積しすぎたり、過去や未来のことを考え過ぎてしまうと脳がオーバーヒートしてしまうといいます。脳がオーバーヒートの状態では、パフォーマンスが低下したままになってしまい集中力が途切れてしまいます。

仕事などのプレゼンなどで最高のパフォーマンスをする事か出来なくなってしまいます。

ストレスなどが蓄積してしまわないように、脳を休息させることが大切で、簡単に疲労を取り除く方法がマインドフルネス瞑想法と言います。

短時間でもマインドフルネスを行うと脳をリフレッシュさせることができて、ストレスの軽減や集中力のアップに繋がります。

意識的に脳を休めることができるようになる為に脳を疲れにくくできるようになり、「意識を今に集中」される事で、脳は疲れにくくなり、自分の精神をコントロールできるようになります。

マインドフルネスは自分の今の気持ちの状態に気づく事を目的にしている「こころのエクササイズ」と言えます。

マインドフルネス瞑想法は、時間をかけなくてもいい1日10分のお手軽瞑想法です。1日10分というわずかなマインドフルネスで、集中力のアップが期待できると世界的に大ブームになっています。

マインドフルネスは科学的にみても脳を休める効果がある事がわかってきました。医学的にも欧米などでは、多くの実証や研究報告が挙がっていて、医療現場だけでなく教育の場やビジネスの現場などで、うつ病やストレス対処法の手段として実証されています。

番組では、脳を休ませて脳の疲れをとる方法として「マインドフルネス」を紹介しています。

世界一受けたい授業で紹介されたマインドフルネスのやり方

マインドフルネスは、先入観を取り払って、
今起きている事をありのままに受け入れて感じます。

世界一受けたい授業では、普段何気なくシャットアウトしている感覚を感じるようになるには10分あれば十分と言っています。

朝起きた時や夜寝る前に、10分間だけ今に意識を集中するマインドフルネスを実施するだけで効果が現れて、朝と夜の2回行う事で効果が倍増するといいます。

番組内で紹介されたマインドフルネスやり方を紹介します。番組では2つやり方が紹介されていました。

普通のマインドフルネスの方法

①背筋を伸ばして椅子に浅く座らります。椅子ではなく床直接あぐらを組んで座っても構いません。

②身体を前後左右に揺さぶりながら、体が真っすぐになる位置を探します。スッと伸びるところを見つけたら、動かすのをやめ、呼吸に意識を向けます。

③肩の力を抜いたり、目を閉じたり、首を回したり、リラックスできる状態で行います。

③過去や未来のことは考えないようにして、今この時だけに集中して、感覚や呼吸を意識します。

特に脳を休ませたいと思った時のマインドフルネスのやり方

①胸の前で手のひらを合わせて手の暖かさを感じます。

②両手をゆっくり上に挙げていき、血の気が引いていく感覚を感じます。

③今度は、手をグーにして行います。筋肉や指の感覚を感じる事ができます。

④筋肉が収縮している感じを意識しながら手をグルッと回しながらゆっくり下ろします。

⑤腕を自然に曲げて胸の前で再度両手を合わせます。

10分間1日2回以上で脳の休息になり、長く続けると思いやりや感謝の気持ちが育まれてくると言います。

仕事の休憩時間や寝る前に10分間行う事で、気持ちを落ち着かせる事ができて、脳を簡単にリフレッシュさせる事できます。

寝ても疲れが取れない人は、身体が疲労しているのではなく、脳が疲れているからだと言います。疲れ気味と感じる時は、マインドフ2週間実践してみましょう。

世界一受けたい授業で紹介されたマインドフルネスの効果

番組でゲストの佐藤しおりさんと、一般の中学生が2週間一日10分、2回以上のマインドフルネスを実施しています。

佐藤しおりさんは、同じレベルの計算問題をした結果221問正解がアップしました。中学1年生の成績も113問アップしています。

10分間2回のマインドフルネスを実践した結果、睡眠の質が改善され、算数の計算試験の結果が改善されて、成績アップに繋がりました。

1日10分脳を休めるマインドフルネスは、ストレスを軽減する効果があるので、成績や集中力がアップして、目に見える効果が現れるようです。

佐藤栞里さんは、睡眠の質が良くなり、目覚めがスッキリして全然違ったとマインドフルネスを行った事で、質の良い睡眠が得られるようになったと感想を述べていました。

睡眠では取れなかった脳の疲れも、朝10分という短い時間のマインドフルネスで取る事ができて、1日のパフォーマンスの質も向上させる事ができます。

マインドフルネスは、難しい技術は要りません。短時間で脳をリフレッシュさせる事が可能でストレスの軽減や集中力のアップにも繋がります。

いつも活動している脳の部分を意識的に休ませることによって、無駄なエネルギー消費が軽減されるので脳の疲れを減らすことができます。

マインドフルネスは、アメリカなどては大企業だけでなくトップアスリートなども取り入れていて大注目されています。

日本でもGoogleやFacebook などが取り入れた事で、マインドフルネスに関心を示す人が増えて、マインドフルネスを取り入れる企業も増えているといいます。

マインドフルネスは受験など勉強のストレスで脳疲労を訴える子どもやうつ病患者に再発防止の効果もあると報告されていて、実際にリハビリテーションの現場でも行われています。

いかがでしたか。マインドフルネスを10分間取り入れる事で、脳の疲労が軽減される事が、放送を見て理解できたと思います。

10分間のマインドフルネスを日常生活に役立ててみましょう。

-マインドフルネスのやり方

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.