マインドフルネスのやり方

マインドフルネスの練習は何をすればいい?

投稿日:

最近注目されている、マインドフルネスをご存知ですか?

瞑想や呼吸法などを通して、「今、ここ」そのままの自分に気付き、認めることで、気持ちが安定したり、能率が上がったり、ストレスが軽減したりする事が確認されています。

アメリカ大手のグーグル社や、インテル、フェースブックなどの企業でも、社員研修に利用されてるほど、注目されているのです。

瞑想というと、難しそうに思われるかもしれませんが、ぜひ知って、取り入れてみてはいかがでしょうか。

マインドフルネスとは?

元々の語源は、仏教の「念」の英訳であるmindfulnessからきています。

この意味としては「思いやり」「心にとどめる」「気が付くこと」などと訳されます。

仏教の教えにおいては、人を苦しみから完全に開放することや、悟りにつながることと言えるでしょう。

簡単に言うと、瞑想などをベースにした手法を使って「今、この瞬間に意識をむけて、今のそのままをただ感じ、観る」という事です。

ストレスを感じている時は、特にマイナスの気持ちや、嫌な出来事、不安などなどが、頭の中で渦巻いているものです。

しかも、気づかないうちに、その思いをリピートしているのです。

マインドフルネスで、「今、そのまま」に集中すると、その雑念にまず気付きます。

気付かない時は、止める事もできませんが、気づくことで、その思いを意識的に止める事ができるのです。

そのトレーニングをする事で、集中力を高めたり、不安やうつ、ストレスの減少など色々な効果が出ています。

しかも、最近の脳科学の進歩により、マインドフルネスを続けると、脳の機能や構造に変化を与えることも明らかになってきました。

脳科学者が自ら脳卒中で左脳がダメになった体験を書いた「奇跡の脳」という本によると、右脳だけになった時に、涅槃のような、悟りのような、宇宙と自分が一体になったような、圧倒的な幸福感を感じたのだそうです。

マインドフルネスの単語は出てきませんが、まさに、これがマインドフルネスなのです。

左脳の自我や理性の声を止めて、右脳に集中することで、大自然につながる幸福感を感じる事ができ、誰でもが、その右脳につながる事ができるのです。

マインドフルネスの練習方法

では、マインドフルネスをやるには、どのような練習方法があるのでしょうか?

人の頭の中は、色々な雑念でいっぱいなものです。

何かを忙しくやっている時でも、意外と頭の中はヒマで、今夜何を食べよう?とか、次は何をやろう?とかを考えていたりするものです。

心理学で「自動思考」という、この雑念は、左脳から生まれてくるものなのですが、これを、まず認知して、手放す事が必要です。

特に、マイナスな思いは、何度もリピートしがちなので、それに気づいて手放す訓練をします。

その為に、瞑想をするのでも良いし、自分の呼吸とか、何かに集中する事でも良いのです。

「歩く」という事だけに集中して、五感をよく働かせてみるとか、「食べる」事だけに集中してみる、ということでも良いです。

やってみると、ついそのうちに、何かの雑念が浮かぶので、それを「認識」して手放す、という事を繰り返すのです。

どうしても、頭の声を止めれない場合は、声を出す方法もあります。

お経などを唱えてみるのも良いですし、ただ「ありがとう」と唱えてみるのも良いです。

無念無想、ということは案外難しく、また霊媒体質の人は、憑依されやすい状態になってしまうので、一つの事に集中する、という方法がおすすめです。

マインドフルネスの練習をするとどんな効果がある?

左脳の雑音を止めて、右脳に集中できるようになると、ただ、今そのまま生かされている、という事に気付きます。

色々な条件だとか、こうで「ねばならない」とか、の思いから解放されます。

例えば、病気やストレスがあったとしても、「今」は「生きて」います。

そのまま、その自分を認める、受け入れる、という事で、次に向かう力が出てくるのです。

この練習を続けることで、自分本来のそのままに自信が持てますし、大自然のいのちと、自分もまわりの人々も、みんなが繋がっているのだという、想いを観じることができます。

これは、直観でわかってくる事なので、練習が必要なのです。

けれど、その訓練で、大安心の気持ちが湧いてきますので、色々なマイナスな出来事や、ストレス、不安などを跳ね返す力となるのです。

まとめ

マインドフルネスとは、今、そのままを認める心になる練習です。

その練習方法としては、何か一つの事に、ただ集中してみる、というやり方があります。

その結果、取り越し苦労や持ち越し苦労などの雑念を止めて、今、生かされているそのままを見つめる事ができるようになり、安らかな安心の気持ちが湧いてきます。

そのことから、ストレスの軽減や、マイナスを乗り越える前向きな気持ちにつながるのです

-マインドフルネスのやり方

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.