マインドフルネスの効果

マインドフルネスにデメリットや副作用はある?魔境とは?

投稿日:

今、世界的に注目されている「マインドフルネス」。

各メディアやSNSでも取り上げられていますが、実のところよく分かってないという方も多いのではないでしょうか?

また興味はあるけど実践するまでに至っていない方も。

そこで今回はマインドフルネスについてご紹介します。

マインドフルネスのメリットや副作用、謎のワード「魔境」に関しても合わせて解説します。

ぜひご参考になさってください。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは呼吸法や瞑想などを利用して、心を落ち着け本来の自分の力またはそれ以上の効果を発揮できるようにすることです。

過去に対しての後悔を引きずることや、まだ起こっていない未来に対して不安を抱くことから解放され、「今この瞬間」という時間にフォーカスし集中することを指します。

マインドフルネスを企業研修に採用する会社も多く存在。

その理由は研修を行うことで、協調性や生産性が強固なものとなり、リーダーとしてのパフォーマンスの向上が期待されることが上げられます。

マインドフルネスにはどんな効果がある?

マインドフルネスの状態になると、心配・不安・妄想・雑念などから解放されることで集中力・記憶力がアップし、疲れにくい思考を保つことができ仕事の効率も上がり、アイディアも生まれやすくなります。

また前向きな思考へと変化するので免疫力を高め、脳に好ましい変化をもたらすことができます。

また食事の際にマインドフルネスを取り入れることで、自分の体と心に集中することができます。

その結果食への感謝や、雨土の恵みなどを感じることができ、喜びの気持ちをより多く受け取ルコとも可能に。このことで食べ過ぎることなく腹八分目で満足するため、ダイエットにもつながり、健康的な体を手に入れることに繋がります。

マインドフルネスのデメリットや副作用は?

マインドフルネスのデメリットは「瞑想」に頼りすぎる傾向があげられます。

瞑想することで自分と向き合うことが心地よく、瞑想時間が長くなる方もいれば、心に影を落とした時、解決を急ぐあまり瞑想をやりすぎ方もいます。

そのため座りすぎという運動不足が原因による「禅病(ぜんびょう)」と呼ばれる病気にかかる可能性が高くなります。

実のところ座りすぎることは体にとって好ましくありません。

座る時間が長ければ長いほど、ふくらはぎの活動が停止状態となり、下半身に降りた血液を心臓に戻す働きが著しく低下し、全身に酸素や栄養を送るのが遅くなります。血流が正常ではなくなると、血栓ができやすく血管が詰まる可能性が高くなります。

最悪の場合は脳梗塞・心筋梗塞など血管の病気を引き起こすこととなります。適度な運動をするなど体にとってのバランスをとることが大切です。

また副作用としての研究はされていますが、今のところ不明確とされています。(以下引用記事)

瞑想の効果について
瞑想することにより血圧の降下、過敏性腸症候群の症状の緩和、不安感、抑うつ感、不眠の改善、急性呼吸器疾患(インフルエンザなど)の発症・期間・重度の改善がある場合があることが、研究により示唆されています。疼痛に対する効果や禁煙治療としての効果に関するエビデンスは、不明確です。

http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c02/07.html
「統合医療」情報発信サイト

http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html

魔境とは?

マインドフルネスといえば、必ず話題となる「魔境」。禅の世界で使われること言葉で「幻覚」や「妄想」を表す言葉です。

しかも特に望ましくない感覚を体験したことに対しての意味を指します。日本だけでなく海外でも「makyo」とマインドフルネス用語として使われています。

瞑想を深めていくと、現実世界では見たことのないような感覚を体験することとが多く報告されています。

ただ今のところ脳で起こる「魔境」の現象は科学的に詳しく証明されておらず、サンプルを集めている状態です。

魔境を経験しやすい理由は3つあり、「瞑想を多くしているというケース」「内観することに集中しすぎるケース」「瞑想を長時間行うケース」です。あまりにも恐怖感があるときは瞑想を中断することが大切。心が乱れた状態での瞑想は避けたほうがよいでしょう。

マインドフルネスにするための瞑想で心が乱れては意味がありません。また長時間の瞑想を希望される場合は信頼できる先生や専門家から習うことをおすすめします。

まとめ

今回はマインドフルネスについてお伝えしました。

マインドフルネスのネガティブな面をご紹介しましたが、それはどんな情報にもあり得ることであり、マイナス面だけ過剰に反応する必要はありません。

マインドフルネスをあなたの毎日に取り入れることで、本来の力を発揮するためにはとても有効です。

ただ本記事で触れたように「やりすぎ」や依存しすぎずバランスのよい利用が大切となります。

あなたの人生はあなた自身がコントロールするもの。あなたの心がより豊かに癒されるために選択することをおすすめします。

-マインドフルネスの効果

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.