書籍・CD/DVD

ヒマラヤ大聖者のマインドフルネスの評価やレビューをご紹介!

投稿日:

テレビや雑誌などメディアで特集を組まれるなど、今や世界中で注目を浴びている「マインドフルネス」

一度は聞いたり目にしたりされたことがあるのではないでしょうか?

「マインドフルネス」とは、ジョン・カバット・ジン氏が仏教の瞑想を応用して、心身の痛みや苦しみの改善方法として開発した心のトレーニング方法なのですが、今では医療や教育、啓蒙とさまざまな分野で発展を見せていますね。

それに伴い多くの著名人が、マインドフルネスに関連した書物を出版しているのですが、今回は書籍「ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス」についてお話したいと思います。

本の題名からして、マインドフルネスの本質に迫れそうな感じですね。

この本の価値を示すには、著者の説明せずして語れません。

まず、ヒマラヤ大聖者である著者相川圭子氏についてお話しましょう。

ヒマラヤ大聖者(シッダーマスター)とは、究極の悟りを開いたものだけに与えられる称号で、インド政府が公認しているのは、世界に二人しかいないといいます。

その内の一人がヨグマタ(ヨガの母)相川圭子氏で、しかも女性初。

相川圭子氏はヒマラヤの秘境で日夜厳しい修行を行い、究極の真理(サマディ)を獲得したのです。

インドで最大級の霊性修行協会(ジュナ・アカラ)から、最高指導者の証である大僧正(マハ・マンドレジュワリ)を授かった相川圭子氏は、「日本に戻り、真理を伝えて人々の苦しみを救いなさい」という師の言葉を受けて、瞑想合宿や研修、書物出版、NHKのラジオ放送など精力的な活動を行っています。

そんな相川圭子氏の書籍の一つ「ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス」について、見てみましょう。

ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス

書籍「ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス」の内容

相川圭子氏の思いは、瞑想そのものではなく「人々の苦しみや悲しみを解き、幸せに導く」ことに焦点が当てられているため、この本は瞑想の解説を加えながらも健康に、幸せに生きるための心得を教えています。

「はじめに」には、このように書かれています。

「周囲の世界を気にして他人と競争し、物事に執着する虚しさ。
人が心の奥底から安らぐことができ、幸福に満たされる答えは、あなたの外側ではなく内側にあります」

すでに、この時点で幸せの本質に到達しているような気がしますよね。

「気を使うのではなく、愛を使う」
「欠点を分析するのではなく、自分を許し信じ愛す」
「お金は手に入れるのではなく、入ってくるもの」

など随所には、心に響く言葉が登場します。

目次を眺めると、内容がある程度見えてきませんか?いくつか抜粋してみましょう。

・人はごみを溜めながら生きている
・比較をすることで悩みが生まれる
・病の本当の原因に気づくことが大切
・心の病気につながる回路を断つ
・瞑想すると疲れが取れる
・姿勢はエネルギーを受け取るアンテナのようなもの

まだまだ書ききれていないことがたくさんありますが、この本は良好な人間関係を作るためのコツや怒り・苛立ちなど負の感情を静めるコツ、やる気が起きないときの手段、強い心を身につける方法、子供の才能を開花させる子育てなど、年齢を問わない人生の手引書ともいえますね。

マインドフルネスは、今では副作用の少ない安全なトレーニング方法として定着しつつありますが、心の内面に奥深く進入すると大きな苦しみと直面せざるを得なくなり、精神疾患など症状が悪化する場合もあるようですよ。

相川圭子氏は、マインドフルネス瞑想を真剣に行う場合は、正しい瞑想の仕方を指導できるヨグマタの元で実践するのが一番安全だと伝えています。

書籍「マインドフルネス&アクセプタンス」の評判

ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス

カスタマーレヴューでは星5つが57%、星4つが26%!
心が響いた・大変勉強になったという意見が大多数でした。

購入された皆さんが、具体的にどのような感想をもったのか見てみましょう。

・今までの価値観が180度変わった。

・最初の「気づくだけで人は成長する」で心をつかまれ、目からうろこが落ちて学びの連続。読むと気持ち良く、読む前と後では自分が変わっていた。内容は真理そのもので、ヨグマタ相川圭子先生に感謝です。

・内容がとても深く、一度に読み終えた。だれでもすぐにできそうな瞑想的生き方が示されており、日常生活に活かして生きたい。瞑想の意義や効果がわかりやすく書かれ、初心者にお勧め。

・今までわからなかったことも「そうだったのか」と理解できた。人生の手引書になった。

・ストレスが多く精神的に疲れやすい世の中で、授業では習わない心のあり方やわかりやすい瞑想のコツが書かれ、これからの時代に求められる本だ。

・どのような立場でも役立つ言葉がたくさんあり、いつも手元において活用している。巻末にヒマラヤ瞑想体験コーナーがあるが、ヨガや瞑想のことをもっと詳しく知りたい。

まとめ

皆さんいかがお感じになりましたか?

何事もその道を極めた方の言葉は、奥が深いですよね。

私は、まず悟りを開いたというヨグマタ(ヨガの母)相川圭子氏に大変興味を持ちました。

相川圭子氏の口から飛び出す言霊を、たくさん感じてみたいですね。

-書籍・CD/DVD

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.