マインドフルネス実践企業

マインドフルネスでビジネスがはかどる!企業も導入しているやり方とは!

投稿日:

マインドフルネスを一度は耳にした事があるのではないでしょうか?

現在マインドフルネスは大ブームを起こしてから、今もなおその人気に陰りは見えません。

マインドフルネスは今後も大きな関心や興味を世間に与えるでしょう。

大企業も高い関心を寄せています。

ビジネスの世界ではどのような視点で捕らえられているのか?

ここからはマインドフルネスについて、ビジネスの世界での在り方などを紹介していきます。

どうぞ最後までお付き合いください。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは瞑想やその他の方法、訓練で心穏やかにおおらかに、優しい気持ちで集中している状態を言います。

大切な事は、集中し満たされている事です。

マインドフルネスの意味は?
「今ここに集中している心の在り方」
「今この瞬間の体験に、意図的に意識を向け、評価をせずにとらわれない状態で、ただ観ること」です。

ではマインドフルネスを実践した事で得られる可能性のある効果は?
・集中力アップ
・ストレスの軽減
・自律神経の回復
・洞察力、直感力の向上
・創造力、想像力の向上
・リーダーシップの向上
・ダイエット
・安眠
・うつ、不安、心配などの解消や軽減

などが挙げられます。

毎日継続して得られる効果です。

現れる効果には個人差もあります。

マインドフルネスを取り入れている企業

マインドフルネスで得られる効果は非常に魅力的です。

しかしマインドフルネスの強みは効果を得て終わりではありません。

得られた効果を持った状態で、仕事やスポーツに集中して取り組んだ時、素晴らしい成果に恵まれるでしょう。

実は大企業は、既にそれを踏まえ社員教育や研修にマインドフルネスを採用しています。
・Google(米)
・Apple(米)
・ゴールドサックス(米)
・エトナ(米)
・Yahoo!(日)
・メルカリ(日)
・sansan(日)
などが挙げられます。

そのほかにも、外部研修を実施した企業は数え切れないほどです。

マインドフルネスでビジネスははかどる?

多くの一流企業がマインドフルネスを採用・導入しているのは確認できました。

採用・導入すには理由があります。

企業によって導入の目的は違います。しかし、マインドフルな状態では共通する事が多くあります。

例えば集中力。

集中力は一心に目の前の仕事に向き合うため、仕事の効率化が飛躍的に上がります。

また、自信に溢れた状態であれば、今まで出来なかった仕事もこなせるようになる可能性もあります。

このように仕事のスピードアップ、スキルアップが見込めるのであれば確実に仕事ははかどるでしょう。

大企業が採用・導入する理由がわかりますね。

マインドフルネスのやり方

マインドフルな状態に導く主な方法は瞑想です。

瞑想以外でもランニングやCD視聴、アプリを活用した方法など、その方法は様々です。

瞑想のやり方を紹介します。
・背筋を伸ばし、姿勢を正す
・大きく鼻から吸い、吸った時より時間をかけて口から吐く
・呼吸に全意識を集中させる
・その状態を約15分継続する
慣れてきたら時間を延ばしてください。

まとめ

いかがでしたか?

ここまでマインドフルネスについて、ビジネシーンにおけるマインドフルネスの在り方について紹介してきました。

マインドフルネスで得られる可能性のある効果に、大企業は飛びつき大きな予算を組みました。

社員レベルの向上やリーダー創出・育成などに成功すれば、企業にとってみると代え難い財産となります。

今後も続々とマインドフルネスを採用・導入する企業や著名人は増えるでしょう。

もしかしたら、世界を驚かす発明や実績などは、マインドフルネスが生み出しているのかもしれません。

もしマインドフルネスをライフスタイルの一部に出来たなら、常に充実感・満足感・幸福感で満たせれ、高いモチベーションで過ごす事ができれば、凄く素敵な人生になること間違いありません。

是非マインドフルネスを取り入れ、未来を劇的に変えるキッカケにしてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合い頂き誠に有難う御座いました。

-マインドフルネス実践企業

Copyright© マインドフルネス瞑想総合サイト , 2018 All Rights Reserved.